2017-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅のしずくvol.7 Dive to AFRICA!! ~アフリカワークキャンプのすすめ~

-以下、転送歓迎!-

旅のしずく
国際ボランティアから帰ってきた若者たちと 話す 笑う 考える
for better tomorrow
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
   Dive to Africa!!
~アフリカワークキャンプのススメ~

旅のしずくURL:http://www.geocities.jp/simlearth/shizuku/
旅のしずくブログ:http://tabinoshizuku.blog94.fc2.com/

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

人類の起源、アフリカ大陸の様々な国と地域で、様々な分野で
ボランティアとして活動をする。
遠い様で、でもちょっとの勇気さえあればあなたにも出来る事がたくさんある。

飢餓や貧困、HIV、紛争、
ダンスや明るく大らかな人々…。
私達が出会った等身大のアフリカを
心と身体で感じてみませんか。

アフリカ各地で実際に活動をしてきた仲間達が
行って感じて来た事をおすそ分け。
一日限りのCafe & Barで、アフリカを目一杯お届けします。

アフリカ各地のおいしく優しい食事と
音楽、写真とともに、一緒にアフリカについて世界について
考えてみませんか?

同じ空の下、遠いアフリカを近くに感じる事で、
何かがきっと変わるはず。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

日にち:2008/3/23(日)

場所:_(アンダーBar)恵比寿
渋谷区恵比寿1-7-4 ハイライフ恵比寿307号 「space synapse」内

恵比寿駅西口より徒歩3分

(JR恵比寿駅東口改札から右へ。道路の右斜め前の道を入り、
大きな通りを渡って、「Japanese Ice OUCA」の左横の道を
入る。朝日新聞販売店の斜め向かいの茶色いマンション。
駅から近いですが非常にわかりづらいので、わかりやすい地図の画像が
欲しい方はメールでお送りします。)

時間:OPEN 12:30-CLOSE 21:00

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【お問い合わせ・ご予約】

tabi_no_shizuku@hotmail.co.jp

ご予約はメールで、参加者全員の氏名・電話番号・メールアドレス・
ご希望の回(昼・夜)をお知らせください。

※席がなくなり次第、予約を締め切らせていただきます。
※予約なしでのご来場は、入場できないこともありますのでご注意下さい。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

●afternoon tea in Sierra Leone
シエラレオネ人ericとシエラレオネの豊かな時間を過ごす午後のティータイム。
ダイヤモンドを巡る紛争の傷跡の残るシエラレオネ。
でも日本には無い豊かさや大切なものを教えてくれるこの国の魅力をお届けします。

OPEN 12:30
START 13:00
CLOSE 15:00-15:30

予約:\1300(with tea & snack)
当日:\1500(with tea & snack)

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

●AFRICA talk session
タンザニア、ケニア、ガーナ、ジンバブエ、シエラレオネ、ウガンダ、トーゴ…。
アフリカ各地のボランティア体験談をご紹介。
アフリカの食と音楽、写真に囲まれて、
多様な魅力を伝えるトーク&語り合う時間をご用意しています。
昼同様、スペシャルゲスト シエラレオネから来たEricも祖国の味を披露します。

OPEN 18:00
START 18:30
FREETALK+food 19:45
CLOSE 21:00

予約:\1800(with 1plate)
当日:\2000(with 1plate)

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【主催・企画】
NICE 日本国際ワークキャンプセンター
アフリカチーム
http://nice1.gr.jp/
国際ワークキャンプ(世界中からの参加者と暮らしながら行う
ボランティア活動)を主催し、海外に日本人を派遣するNPO。
20カ国を超えるアフリカ各国のワークキャンププログラムを紹介し、
各地で活動してきたメンバーが集う場がアフリカチームです。
スポンサーサイト

テーマ:海外ボランティア - ジャンル:福祉・ボランティア

六ヶ所村ラプソディー上映会

以下、転送歓迎!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

大地とつながる母たちと、
アフリカで活動してきた仲間達がおくる、

      六ヶ所村ラプソディー
       ワンコイン上映会
 http://tabinoshizuku.blog94.fc2.com/

  ★杉並区子育て支援応援券使えます!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

六ヶ所村を知っていますか?

青森県ののどかな美しい小さな村。
酪農、農業、漁業が盛んなこの地域で、
これまでたくさんの命が作られ
日本のたくさんの命に繋がって来ました。

そんなこの村に核燃料再処理施設が建てられ、
そしていよいよ2008年2月には本格稼動しようとしています。
かつて広島・長崎を破壊しつくした原爆の何倍もの核物質が
この村に集まってくるのです。
村に続々と運び込まれる原発のゴミ。
私達が都会で使った電気は、青森に繋がっています。

お母さんのお腹から、お乳から、子ども達は空気や水、栄養を受け取り未来を作って
行きます。
子ども達に美しい地球を
放射能に怯えなくて済む未来をのこすために、
私達の行動は今瀬戸際で問われています。

一方、アフリカで電気の無い村で活動してきた仲間達。
満天の澄んだ星空の下で過ごす日々から戻ると
日本の「あたりまえの」生活は全く違うものになっていた。
私達が失ったもの、破壊してきたもの・・・。

これから作る未来を、自分達の心と目と手で本当に豊かな世界とするために
まずは知る事から始めませんか。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

●料金:\500
小学生以下無料
スクリーンが小さいため1コインとしています。ご了承ください。

●日時:2008/1/20(日)
開場は上映時間の30分前です。但し、第一回目は託児受け付けのため9:10より受け付
けを開始します。

・上映会(1) 9:50~11:50
 託児あり(年齢制限なし、定員あり):\500(要予約)
 会場内子ども同伴可
 ☆大人の方のみの鑑賞も歓迎しています。
 多少騒がしい可能性がありますがご了承ください。

・上映会(2) 13:30~15:30
 託児なし、会場内子ども同伴可
 ☆大人の方のみの鑑賞も歓迎しています。
 多少騒がしい可能性がありますがご了承ください。

・上映会(3) 16:30~18:30
 託児なし、中学生以上
 上映終了後、鎌仲ひとみ監督によるトークがあります。

・監督との交流会 19:00~21:00
 どなたでも参加可能です。参加費:\300
 予約不要。お土産があるかも!?
 お茶が出ます。マイカップ持参にご協力ください。

●会場:セシオン杉並 視聴覚室
東京メトロ丸の内線新高円寺駅より徒歩約5分
東高円寺駅より徒歩約7分
http://www.tokyo-icc.jp/relay_soudan/map_secion.html

【親子のためのスペース】
・子どもさんと一緒に見られる席の御用意があります★(床に布等を敷いた座り見席
です)
・授乳、オムツ替えスペースあります。

【託児サービス(年齢制限なし)】
・ご希望の方は以下について記載頂き、託児希望の旨下記アドレスまでお申し込みく
ださい。
申し込み先:tabi_no_shizuku@hotmail.co.jp

(1)親御さんの氏名
(2)お子さまの氏名
(3)お子さまの性別、年齢
(4)特記事項
(5)当日の連絡先

※託児スタッフは全員がプロではなく、一般のボランティアによるものです。

【監督との交流会】
上映後、鎌仲ひとみ監督と交流会を予定しています。
気さくな監督とお話できる機会ですので、お子さまから大人まで、お気軽にご参加く
ださい。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

問い合わ先:託児以外は予約不要です。
tabi_no_shizuku@hotmail.co.jp(石岡)
080-1187-3279(小林)

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

主催:子育てサロンナチュラ-レ(杉並区の子育て応援券登録者)
共催:杉並区教育委員会
協力:大地とつながる母の会、(特活)NICE:旅のしずく/アフリカチーム

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
6JOUEIKAI.jpeg

旅のしずくスタディ-ツアー&週末ワークキャンプ開催!

私達にできること、まずは知る事から始めよう。
映画や本、オルタナティブなメディアで徐々に真実が語られ始めた六ヶ所村。自分の目で見、肌で感じる六ヶ所村の姿は、人の言葉で語られるのとは異なる姿かもしれません。映画「六ヶ所村ラプソディー」にも登場した菊川さんの「花とハーブの里」に滞在する、1泊2日の週末ワークキャンプ&スタディーツアーを開催します。

難しい話はさておき、まずは現地へ行ってみませんか?大自然の中で採れたてのおいしいお食事や絶景、温泉と、ハッピーな時間も満載です。

●集合日時:4/7 9:00(予定)
●集合場所:野辺地駅
●解散時間:4/8 17:00頃
●持物:お泊まりセット、防寒(寝袋・防寒着など)、軍手、汚れても良い服
●参加費:会員1500円、非会員1700円(1泊2食・湯たんぽ付き)
●申込:石岡 tabi_no_shizuku@hotmail.co.jp
●備考:現地までの往復交通費、温泉代は含まれません。往復は東京からは高速バスで1万円程度です。東京から参加の方は同じバスを予約します。

テーマ:ボランティア活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

旅のしずくvol.6開催報告

旅のしずく vol.6が昨日無事開催されました。
お越しいただいた皆様、応援していただいた皆様、どうもありがとうございました。

最後は会場の椅子の数を超える人数にお越しいただき、大変な熱気となりました。
私達のより多くの人に伝えたい、多くの人とシェアしたいという思いから、会場のキャパを超える状況となってしまったにも関わらず、来場者の方々にご理解・ご協力いただき大変感謝しています。

旅のしずくから一夜明け、皆さんの毎日は少し違って見えて来ましたか?
たった数時間共に過ごし同じ問題に思いを巡らせ、私自身新しいたくさんのものを感じました。
既に六ヶ所村の問題について行動をされている方からは、様々な場所で、様々な手段で諦めずに取り組んでいる人達がいる!という勇気を、
今回で初めて知ったという方からは、新たな広がりを感じさせられる希望や、こうして1人でも多くの人に伝えられる喜びを、
また、様々な問題に取り組んでいる方々から、私達自身がもっともっと出来る事があるという事や、一つの問題に見える事が実は全てに根っこで共通していることなどを実感しました。

ほんの小さなひとしずく、でもそれが何個も何個も降り注げば大きな海に繋がるはず。
旅のしずくの仲間となって、一緒に行動していきましょう。
例えそれが、ただ電気をこまめに消すことでもいいんです。
数時間キャンドルナイトを過ごすだけでも、友達1人に伝える事でも。
少しづつでも前に進んで行く事、諦めない事だけは、きっとできると思うのです。

本当に皆様、ありがとうございました。
また皆様に御会いするのを、スタッフ一同心より楽しみにしております。
イベント報告詳細はまた後日。
取急ぎ、お礼でした!!
(KYOKO)

テーマ:知る事がボランティア - ジャンル:福祉・ボランティア

六ヶ所村STUDY TOUR 2日目

ツアー二日目、今日は菊川さんに核燃の村としての六ヶ所村を巡るツアーをしていただくのです。

目覚めると牛小舎の外は猛吹雪。
時刻はまだ6時ちょっと過ぎ。
早起きって素晴らしい!母屋へ行くと、菊川さんお手製の全粒粉のパン、手作りジャム、ウインドファームのフェアトレードコーヒーや紅茶、青森のリンゴで朝食です。
パンはもう一度薪ストーブの上のフライパンで焼いて、湯気の香り立つほかほかを頂きます。

その後おいしい玄米で昼食のおにぎりをみんなで作り、二台の車でいざ、出発!!
通常は花とハーブの里では使用済の食用油(VDF)を使われていますが、冬は寒過ぎて凍るそうで、冬の間はガソリンで走ります。

 *  *  *  *  *

往路はまず下北半島の太平洋側を北上。
一緒に闘った人たち、既に亡くなった人たちの存在を聞きながら車で移動。
村にはそこかしこに核燃の村であることやその背景を感じさせる歴史が刻まれていた。
広い広い農地や酪農地があると思うと、突然荒れた土地があらわれる。
むつ小河原開発の後、あても無く放置された土地、
核燃によって財をなした数軒の家、
そして、自衛隊基地や、空対地爆撃場。
空から爆撃をする練習を、原発や再処理工場、核施設がひしめくこの土地で、まさか行っているとは。

最初に停車したのはむつ小河原港。

MUTSU_OGAWARA_PORT



ここで積み上げられた放射性廃棄物が、再処理工場へ向かう。
訪れた日はフェンスで仕切られ、近付く事ができなかった。どうやら近々また荷揚げがあるらしい。
ブルーのクレーンは、写真では伝わりにくいかもしれないけど
大自然に突如として聳え立っている。
そこから大きな専用搬送炉が伸び、反対者の行動をシャットアウトされているとのこと。

車でそこから少し行くと、家々が並ぶ小さな商店街があった。
かつては再処理工場が作られたものの道路までは整備されておらず、この一般の家々の間を数台の護衛車に挟まれただけの巨大な放射性廃棄物を詰めた搬送車が走ったという。

そう、この村に生きて、反対の声をあげられない状況にあっても、核と暮すという事の意味をこの村の人々は感覚で知っているのだ。
この村で反対の声をあげる事も、本当の意味で命がけ。
放射性物質が大量に詰まった物体を前にして、恐怖と闘いながら立ちはだかろうとしている。
その時の恐怖は、きっと機動隊だけではなく、目の前のそれだけの放射性物質でもあるだろう。

東京であげる反対の声は、それだけの勇気と決意を持っているのだろうか?
ぬくぬくとエネルギ-の便利さの恩恵を受けながら、声をあげる権利などあるのだろうか?

でも、立ち止まる訳にはいかない。
都会の生活を少しづつでも変えること、そして知ること、忘れないこと、続けること。

例えほんの僅かでも、行動を続けることが私にできること。
そして、より多くの人へ伝える事。

旅のしずくVOL.6では、これまで感じた事、見て来た事の全てを持ってより多くのひとが行動するきっかけとなりますように。
ツアー報告はまだまだ続く…。今日のところはこの辺で~。

テーマ:知る事がボランティア - ジャンル:福祉・ボランティア

«  | HOME |  »

プロフィール

旅のしずく

Author:旅のしずく
『国際ボランティアから帰って来た若者と話す 笑う 考える』

世界を旅して感じたことを、
オーガニック素材のごはんと一緒に。
ちょっとすてきなcafeでイベントしてます。

なにか自分にできること、
ちょっと考えてみる素敵な時間を過ごしてみませんか?

世界を旅して感じたこと。
そんなことを伝えながら、
みんなに
「なにか自分ができること」
そんなことを考えるきっかけが
生まれたらいいなぁ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。